読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でも大好きってわけじゃないよ

声優ライブ好き。ハロプロが気になる。ただのDD。

AD-LIVEの千秋楽前に読みたいダ・ヴィンチ2016年11月号 男と、本。~声優編

石原さとみの表紙が目印の「ダ・ヴィンチ2016年11月号」
一部の男性声優ファンの中で話題になった「男と、本。~声優編」の特集が掲載されています。
dマガジンで一通り読んだのですが、一応保存用として紙雑誌も購入しました。
私の大好きな『3月のライオン』特集もあってお買い得感が素晴らしい。

 

ダ・ヴィンチ 2016年11月号

ダ・ヴィンチ 2016年11月号

 

 


きっかけは小野大輔

小野さんファンなので、正直最初は主にその記事目当てでした。
その他神谷さん、櫻井さん、中村さんなど多数の男性声優さんのインタビューが掲載されています。
基本的には秋新番の番宣も兼ねた記事が殆どで、作品の話と読書の話が半々な感じでした。(まあ雑誌だからなあ…と)

声優とクリエイティブ 鈴村健一

そこでタイトルにも出てきたAD-LIVEの話題です。
鈴村健一さんが役者としてでなく、クリエイターという切り口でインタビューを受けていました。
ちょうど発売時期にAD-LIVEが公演中ということで良いタイミング。

ダ・ヴィンチの声優特集は声優さんが何冊か書籍を取り上げるのですが、小野さんに関しては他でも見たことがあるものが中心だったので、正直期待はずれでした。(取り上げた本が"普遍"の3冊だったのもあります…。)


鈴村さんに関しては、クリエイティブを刺激する5冊をピックアップしています。
他のインタビューでも書籍を取り上げながら語るのは見たことがなかったので、非常に興味深い記事でした。

 

鈴村さんのクリエイティブ思考が気になった人には是非

AD-LIVEに限らず、音楽活動も含めて興味ある人にはいい記事だったと思います。
その他の特集も興味ある人は買ってみても良いかと。